「無法」ってどういう意味だっけ?

空き巣が家人に「今からお宅に盗みに入るけど、抵抗するなよ?」といい、その被害者の一員が「盗人の無法を理解し、盗人の味方をせよ」と世界に発信するという、奇っ怪なことが起こりました。
どうやら私は言葉の理解ができなくなってしまったようだ。
人間が生活する上で最低限のルールが「法」であり、「無法」とは最低限のルールすら守れない事を言う。
そう私は習った気がするのですが、「無法を理解」って何だ?
「無法」ってどういう意味だっけ?

●朝日新聞記者の媚中記事DCから発信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article…
「日本はいまこそ中国の南シナ海での無法な行動に理解を示し、中国抑止の国際的な動きに加わらず、対中関係を改善すべきだ」
●日本に「冷静な対応」要求
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160806-00000131-jij-cn
沖縄県・尖閣諸島周辺で中国海警局の公船と多数の漁船の航行が確認された問題で、中国外務省報道官は6日、「日本側が冷静に対応し、情勢の緊張と複雑化を招くいかなる行動も取らないよう望む」とする談話を発表した。

特に特定のある政党を応援している人や、若いのはごくごく一部でほとんどが年配の人だったという集まり(あ、前述の特定の政党応援者とかぶるか)等々の人たちがよく言う「自分の子どもが戦争で死んでもいいの?」「戦争に行きたくなくてフルエル」
一昨日こんな記事が出ておりました。
「自分の子どもが戦争で死んでもいいの?」に対する回答

「自分の子どもが戦争で死んでもいいの?」に対する回答


私はこの考えに近いですね。
(以下引用)
「自分の子どもが戦争で死んでもいいの?」と聞かれたら、わたしの回答はズバリ「自分の子どもが侵略してきた敵に殺されるのはいいの?」
侵略戦争に駆り出されて死ぬのはいいわけないが、侵略されて虐殺されるのも「いい」って言う人いないでしょう。
だいたい「子供が死んでいいのか」っていう質問自体が馬鹿げている。
「自分の子供が戦争に行って死ぬ確率」と「侵略されて死ぬ」確率では後者のほうが遥かに高いということを例を挙げて説明しました。
詳しくはリンクからご覧ください。
確率統計や論理立てた話と、感情論とでは交わることはないでしょう。
「日本が徴兵制を復活して海外侵略に行く」という途方もないことは心配しますが、「中国」というのは目に見えているので心配しないのです。という文中通りです。
私は少なくとも 「目に見える中国の脅威」>「9条を唱えていれば襲われない」 です。

Follow me!