今朝の新聞。
誰が首相になるか、どの党が政権を握るのかは、あくまでも結果の産物であり、それが「争点だ」と言うのは選挙において一番大事な「政策」を軽んじていると私は思っております。
「誰がいいか投票して下さい」って、人気投票かなんかじゃないんだから・・・。
でも国政に限らず、選挙では政策とか関係なしに「誰が(どの党が)いいか投票する」という人が多いのも、残念ながら事実。
私は、都民ファーストって言っておいて政党立ち上げで公務キャンセル(そこが前例として出される橋本元知事とは違う)&情報開示って言っておいて私が全て決めた・私がAIという人は、だんだんその政治手腕がわかってきたので、都議選程の力はないと思うんですけどね。

ただこれにより、民進党(?)と社民党・共産党が距離を置く事になりそうなので、その点については私はいいと思います。

いいね!・フォローで応援宜しくお願いします。