国の経済対策は主に3つ

先週末から始まった、対象施設に関する山形県からの休業要請および協力金について掲載したところ、「他業種は何かないのか?」という質問を頂戴しました。
行政もどんどんいろんな制度を作っているので私も全てを把握している訳ではないのですが、まず「国」の支援制度としてはどの業種もこの3つが柱になると思います。
○会社を持続させるための給付金(持続化給付金)
○人を解雇しないようにする助成金(雇用調整助成金 ※先週末10/10にするとの話も出ています)
○実質無利子の貸付金
リンク先の経済産業省のページには「飲食業」「製造業」「小売業」「医療関係」等様々なパターンのリーフレットが置いてありますが、中身はほぼ一緒です(わかりやすい事例が異なっています)
ぜひご参考下さい。
https://www.meti.go.jp/covid-19/leaflet/index.html

○「持続化給付金」の詳細が本日出ています。

クリックしてkyufukin.pdfにアクセス

○雇用調整助成金…先日9/10から10/10になるとも言われましたが、10/10には条件があるようです。

クリックして000625165.pdfにアクセス

●県は対象が限られますが、まずは「緊急経営改善支援金」…4月23日に急遽「運転代行社」「観光果樹園」も対象に加わっています。

クリックしてshienkin_qa.pdfにアクセス

●寒河江市は「さがえげんき応援券(40%プレミアム付クーポン券)」。対象は飲食業やホテル、タクシーや運転代行社など。
こちらは昨日まで申込み締め切り(窓口は商工会内の実行委員会)でしたが、まだ大丈夫とのことです。
まずは今ある支援のメニューを把握しご利用頂ければと思います。

いいね!・フォローで応援宜しくお願いします。