おみ漬け納豆の美味しい季節になりました。
私は今まで「漬物を納豆に加えるなんて山形ぐらいでは」なんて言っていたのですが、先日子ども達とテレビを見ていた(Eテレ)ところ、新潟県魚沼周辺の郷土料理「きりざい」が登場。
家庭によって多少違いはあるんでしょうが、大根や人参、野沢菜の漬物を納豆の大きさぐらいに切って混ぜるのだそうで、見た目も山形のおみ漬け納豆と非常に似ている(青菜と野沢菜の違いがあれど、似た漬物だからね〜)。
豪雪地なので、たぶん山形同様流通が発達していなかった昔に、冬場でもタンパク質および保存のきく野菜等を食べられるように生まれたんだろうな〜と思いました。
写真は農林水産省のページ。
詳しくはこちら

https://www.maff.go.jp/j/syokuiku/kodomo_navi/cuisine/cuisine3_1.html

いいね!・フォローで応援宜しくお願いします。