里芋

子ども達が親戚の畑でとってきた里芋。
キレイに土を落としたので、里芋が土の中でどんな風に育っているかわかります。
真ん中の太い茎の下にあるのが親芋(写真では見えませんが)。硬くて色が悪いので基本的に流通しませんが、わが家では薄く切って煮物にします。
その親芋から出ているのが子芋。親芋ほどではありませんが、大きくてちょっと硬め。でもわが家では芋煮で食べています。
そしてその子芋から出ているのが、柔らかくて一番美味しい孫芋。寒河江のブランド里芋である「子姫芋」は、この孫芋のみを選んで出荷します。
その孫芋についているのは小さな「ひ孫芋」。スーパーでもこの小さいのを見かけますが、自分で剥くとなるとこれは大変。そのままレンジで温めて、皮から身を押し出して塩をつけて食べるのが私の好みです。

いいね!・フォローで応援宜しくお願いします。