さようなら60D・こんにちはM5

以前こちらにも書いたかも知れませんが、取材などで使用していたデジタル一眼レフカメラ「EOS60D」が、電源が入らないという状態になりました。
今は取材をする事はまずないのですが、ライターとしての取材はなくても地元の情報を発信する際に使う事もあると思うので(最近始めた「さがえネット」とかね)、やっぱりデジイチは一台手元に置いておきたいところ。
しかし修理に約35,000円かかると言われ、10年前の型でそこまでの価値はもう無い事から、修理ではなく買い換える事にしました。
修理代+αで買える中古のラインナップの中で、後継機の80D、パパのEOSkissといわれる動画に強い9000D、ちょっと古いけどフルサイズの6D、ミラーレスのM5・・・。
さんざん迷いましたが「ミラーレスはとにかく軽くて良い」という某カメラマンのささやきに背中を押され、キヤノンミラーレスの中堅機M5と、これまでのレンズ(あまり高いのはもっていないのですがね)が使えるようにマウントアダプターを購入しました。
アドバイス通り、もの凄く軽い。
そしてマウントアダプターでこれまでのレンズが使えるのに「ミラーレス用レンズならもっと軽いのだろうか?」と結局レンズも買ってしまいました・笑。本当に軽い!
基本的にデジイチはあまり使わないのですが、これは持ち運びしたくなる軽さです。

いいね!・フォローで応援宜しくお願いします。