寒河江はまだまださくらんぼのシーズンです

さくらんぼの一大産地である我が寒河江市。
品種も様々ありますが、主となるのは早生種「紅さやか」、一番生産量が多い「佐藤錦」、晩生種の「紅秀峰」。
寒河江では佐藤錦から紅秀峰に移行してきました。
そんな中、やっぱり商品にはならない紅秀峰の双子・傷んだものを親戚から頂きました。
ちょっと写真ではわかりづらいのですが、左が佐藤錦、右が紅秀峰。
食べ比べると佐藤錦の方が酸味があって果肉も柔らか。紅秀峰は晩生種らしく大玉で糖度が高く、果肉はプリッ・パリッという感じ。
まだまだ最盛期ですので、山形の、寒河江のさくらんぼを宜しくお願いします!

いいね!・フォローで応援宜しくお願いします。