避難勧告が避難指示に統合されました

7月3日の大雨の影響により、静岡県熱海市で大規模な土砂崩れ・土石流が発生致しました。
私が住んでいる山形県も昨年7月に大雨による最上川の氾濫が発生しておりますし、今も各地で大雨のニュースが流れておりますので、「●●年に一度の大雨(災害)」は常に起こりうるということを、改めて認識しておかなければならないと感じました。

これまで違いがわかりづらかった「避難勧告」と「避難指示」は、災害対策基本法が改正されて今年5月20日より「警戒レベル4・避難指示」に統合されました。
また、従来の警戒レベル3「避難準備・高齢者等避難開始」は、「警戒レベル3・高齢者等避難」に変更されております。
高齢者に限らず、例えば小さなお子さんがいるご家庭や障がいのある方・妊産婦の方など、避難に時間のかかると思われる方は、「高齢者等避難」が発令されたらできるだけ避難行動を開始するといいと思います。
テレビやネットなどから各自治体から出される情報を収集し、災害から命を守る避難行動をお願いします。

いいね!・フォローで応援宜しくお願いします。