地域の子ども達のために

本日は384名が参加する、第39回寒河江市小学校水泳競技大会が市民プールで行われました。
この大会は小体連が主催なので、私達水泳連盟はサポートという形で終日審判や進行のお手伝い等を行いました。
寒河江市内の小学校では、今年から「飛び込み全面禁止」となり、この大会も(飛び込みできる人であっても)「飛び込みなし」となりました。
子どもの安全のためなのはわかりますが、これで飛び込みができる人(=上位の大会に出られる人)は劇的に少なくなるので、今後の水泳振興には大きく影響すると思われます。

平日水泳大会で審判できる人は極々少数なので、どうしても大会を優先させて頂きましたが、15分ほど遅刻して、我が母校の陵南中学校へ。
毎年1度行われる「学区議員と語る会」に参加し、先生方やPTAの皆さん方といろんなお話しをさせて頂きました。
水泳大会にしても、学区議員と語る会にしても、「地域の子どものために」という部分は同じです。

いいね!・フォローで応援宜しくお願いします。