町廻りは19・20日、流鏑馬は一般公開無しのネット中継

先日私が所属している寒河江八幡宮・若宮会の総会がありました。
総会ではありますが例大祭の準備のために、毎年その1ヶ月前に行われ、実務的な準備の話しがなされます。
今年は新型コロナウイルス感染症の影響で「神輿の祭典」等市のイベントは中止しておりますが、「神社のおまつり」は災害や疫病などの国難の時にこそ行われてきた事を鑑み、八幡様のお祭りは多少変わるところもありますが例年通り開催されます。
ただどうしても不特定多数の方が密集してしまう「流鏑馬」については、一般開放は無しとし、ネットでの配信を行う予定になっております(詳しくは本日の山形新聞をご覧下さい。
情報が錯綜すると悪いので、新聞掲載されるまでこの話をアップしませんでした)。
なお他行事につきましても、密集してしまう場合は入場の制限等を行う場合もございますのでご了承下さい。
また例年私が獅子頭を持って廻っている「御神幸・町廻り」は行われますが、その年によって行列の進行状況が変わり時間が読めないため、今年からは「おかぐらスポット」をもうけ、時間通りに獅子噛み(噛み付き=神憑きという縁起物)を行う事になりましたので、回覧板などでご確認頂ければと思います。

◆寒河江八幡宮例大祭及び行事日程◆
9月15日(火)午前11時 放生会、午後2時 例大祭、午後6時神楽の夕べ
19日(土)午前7時30分〜 御神幸(南部地区)・奴町巡り、午後4時 古式流鏑馬
20日(日)午前7時〜 御神幸(主に寒小・中部小学区)、午後4時 古式流鏑馬・作試し流鏑馬

いいね!・フォローで応援宜しくお願いします。