その人気半端ないって

夏休みの中の10日間、子ども達を集めていろんな事を体験させてくれる「仲間っ子スペース」。
主催は市教育委員会ですが、各小学校毎に内容・会場・定員が異なります。
昨年は申込みが遅く定員に達していたので、今年は早めにと思い、昨日子ども達が案内をもらってきたので本日文化センターに申込みに行くと・・・玄関には「寒河江中部小の仲間っ子スペースは定員に達しました。他の小学校はOK」の張り紙(意訳)。
案内もらった次の日にはもう定員。
帰宅したらすぐに申込まないといけないほどなのか〜。すごいな〜。
じゃあ定員増をとも思いますが、中部小学区にはこれ以上大きい公共的な場所がなく(そもそも元町公民館で80名も受け入れられるのがすごいよね)またそうなるとさらに指導員も必要になり・・・。
今学童の運営会長をしているのでよくわかりますが、指導員不足は本当に頭の痛い問題ですね。

Follow me!