大雨のニュースを聞いて確認すべき事

今年はお盆が金曜日〜月曜日と週末にかかっているので、例年は休めないけど今年は今日・明日休める!なんていう方もいらっしゃるのではないでしょうか。(その逆の方もいるでしょうけど)。
このお盆の期間中、九州を中心に広い範囲で、前線が停滞、雨雲が連なる線状降水帯が発生して、記録的な大雨になっているとの事。
このあと大雨のエリアは拡大し、東日本、東北地方も注意が必要とのこと。

何度かこのブログでも掲載しておりますが、これから大雨が予想される場合は、以下のことをご確認下さい。

●寒河江市洪水ハザードマップ
私の前月のブログ記事です
寒河江市洪水ハザードマップをご覧下さい。

●各河川の水位と、現在の状況が映像で確認できる河川ライブカメラ
河川が気になって水位を確認する方もいらっしゃいますが、非常に危険です。
以下の国土交通省のサイトでは、山形県内の各河川の水位と、川の状況がわかる河川ライブカメラの映像を確認できます。
http://www2.thr.mlit.go.jp/yamagata/river_dp2014/

●防災行政無線テレフォンサービス
各公民館や市の施設等に設置してある「防災行政無線」。
大雨の時などは「何か注意されているけれどもよく聞こえない」という時もあるかと思います。その場合は、下記の電話番号で防災行政無線の内容を確認できます(流れていない時は、夕方に流すあの音楽が聞こえます。
防災行政無線テレフォンサービス 0237-85-5810

いいね!・フォローで応援宜しくお願いします。